猫が嘔吐を繰り返すときは?吐いたものが白色だった時に考えられること

猫はよく吐く動物と言われていますが、毎日のように吐く場合、どうしたんだろうと心配になってしまう飼い主さんは多いでしょう。

特に白いものを吐いていると、猫が病気になってしまったのではないかと慌ててしまいますよね?

今回は、猫が吐く白い物について解説します。

 

猫が嘔吐したものが白い時の原因は○○が考えられます!

もしも、飼っている猫が毎日のように白い泡状の物を吐いているとします。

他に具合が悪そうな様子は無いし、餌も良く食べて健康そうです。

いくら元気であっても、どうして嘔吐をするのか気になりますよね?原因はいったい何なのでしょうか。

 

白い泡状のものの正体は胃液である

猫が吐く白いものの正体は、泡状の胃液であることがほとんどです。

人間もずっと空腹でいると気持ちが悪くなってしまうことがありますね。

それと同じ状態に、猫もなっているということです。

 

猫の胃酸は高い酸性であるため、胃に何も入っていない時間が続くと、消化液が逆流してしまい、白い泡状のものとなって吐き出されます。

つまり、猫が白い泡状のものを吐くのは、空腹のサインということですね。

 

ちなみに、黄色い泡状のものを吐き出した時は、胃の中の胆汁も同時に吐いていることが考えられます。

こちらもお腹が続くことで、腸を流れている胆汁が逆流して嘔吐するのです。

餌を食べる前や朝起きてすぐに吐くことが多く、吐いた後もいつも通りの様子で、餌をしっかり食べているなら心配はいりません。

 

猫が嘔吐したものが白い時は○○すると良くなることが!

病気ではないとはいえ、飼い主としては、できるだけ吐かないようにしてあげたいものです。

そこで、胃液や胆汁の逆流を防ぐ方法をご紹介します。

餌を与える回数を増やす

半日よりもっと餌をあげる感覚があいている場合は、一日全体の給与量は足りていても、餌の時間までにお腹が空いて、吐いてしまうことがあります。

一日にあげる餌の量はそのままで、食べさせる回数を増やしてみましょう。

とはいえ、お仕事をされている、あるいは自宅を留守にしがちな飼い主の方は、こまめに餌をあげることはなかなか難しいと思います。

そんなときは、決まった時間毎に一定量の餌が出てくる自動給餌器を利用してみて下さい。

ドライフードが少しずつ出る猫用グッズ等もありますので、購入を検討してみるのはいかがでしょうか。

 

餌の量を増やす

食べさせているキャットフードの量が少なくて、猫の運動量に追い付いていない場合があります。

猫の体重に合った給与量を確認し、正しい量を食べさせてあげましょう。

 

しかし、いきなり増やし過ぎると消化が追いつかずに、下痢や嘔吐をしてしまうこともあるので、様子を見ながら与えてみましょう。

もし餌を食べてすぐに吐いてしまうようなら、一度量を元に戻して、また少しずつ増やしてあげてみると良いでしょう。

体重による適正な分与量は、キャットフードのパッケージ裏に書かれていることが多いので、参考にしてみて下さい。

 

また、空腹時とは別に、驚いたり恐怖を感じたりしたときに、猫が白い泡を吐くこともあるようです。

例えば子供にいきなり尻尾を掴まれた、猫のすぐ近くにいきなり物が落ちて来たとき、びっくりして泡を吐くことがあります。

いずれも嘔吐するのはその時限りです。

時間が経っても猫の様子がおかしいようであれば、どこか怪我をしている可能性があるので、注意が必要です。

 

あるいは、薬等を誤飲してしまった場合にも、白い泡状の物を吐くことがあります。

吐いたものを見て、泡以外の異物が混じっている、餌を食べずにぐったりとしている場合は、迷わず動物病院を受診しましょう。

 

猫が嘔吐を繰り返すときは?吐いたものが白色だった時に考えられることまとめ

猫が泡状の物を吐く原因は空腹が原因である可能性が高く、餌のあげ方を工夫すれば防いであげられることが出来ます。

猫は大切な家族の一員ですので、吐かないように気をつけてあげたいと感じる飼い主さんは多いでしょう。

餌の量や時間の感覚に気を配って、嘔吐を防いであげましょう。大切な猫との生活を楽しんで下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です